2018/08/05

中華航空CI017便成田発台北行きビジネスクラスのシート

東京・成田と台北・桃園とを結ぶ中華航空(チャイナエアライン)便では、主にエアバスA330-300型機が使用されている。

ビジネスクラスはソロシートでもフルフラットでもない、2世代あるいは3世代くらい前の旧態依然とした機材だ。









シートピッチはこんな感じ
中華航空のエアバスA330-300型機のビジネスクラスのシート(1)



隣席との距離も近くて(中央のテーブルは共用)、隣がいつもカミさんだからいいようなものの他人だと結構気をつかうかも。



シートとAVのコントローラー
中華航空のエアバスA330-300型機のビジネスクラスのシート(2)



出っ張ってはいるのだが、身体をぶつけたりすることもなく意外にじゃまにはならない。



スリッパは比較的上質のものが配られた
中華航空CI107便のビジネスクラスで出たスリッパ



ヘッドホンは袋を破って出したのだが、結局使わなかった(^^;
中華航空CI107便のビジネスクラスで出たヘッドホン




成田から桃園へはおよそ3時間半のフライト。

機内食を食べたりしていたらあっという間に到着という感じで、満足度は高くないシートだが苦になる、というほとでもない。

他の航空会社に比べると値段が安いので、自分はいつも中華航空(チャイナエアライン)一択だ。



【2009年3月撮影】


中華航空の航空券、本社よりも安いことがあるイーツアーをいつも利用しています




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tainan-guide.com/mt_data/mt-tb.cgi/213

コメントする

「行く・帰る」TOP































マカフィー・ストア































一部の文字は繁体字中国語フォント(Big5)がインストールされていないと正しく表示されません
Written in Japanese/Japanese and Chinese(Big5) fonts required to view this site completely