2011/08/21

中華航空CI018便台北発成田行きビジネスクラス機内食(2011.3)

2011年3月に台南を訪問した時に搭乗した、中華航空CI018便ビジネスクラスの機内食。

 

前回の記事でも書いたが、この時は東日本大震災から1週間ほどしかたっていない時期だった。

 

で、いつもなら成田経由ホノルル行きのこの便は、日本やハワイに行く台湾人観光客で結構混み合っているのだが、この日のフライトは、おそらく社用などで日本に帰らなければならないのであろう日本人がちらほらというカンジで、747-400型機のアッパーデッキは半分ちょっとしか乗客がいなかった。

 

しかし、往路とは異なり、機内食はいつもの通りサーブされた。

 

このところ、台湾発の機内食には、特別料理として台南名物の擔仔麺(担仔麺)が用意されており、メニューがはさみ込まれている。

中華航空108便台北発成田行きビジネスクラスで出された擔仔麺のメニュー

 

 

自分は台南から帰ってくるので、機内食で擔仔麺(担仔麺)を食べたいと思ったことはないが、以前隣の人が食べているのを見たら、なかなか豪華でおいしそうに見えた。

 

短いフライトなので軽い食事でいいとか、台湾で擔仔麺(担仔麺)を食べなかったというような人はリクエストしてみるのもいいかも。

 

成田に車を置いてあるので、食前の飲み物はアルコールを避けてウーロン茶をいいただく。

中華航空108便台北発成田行きビジネスクラスで出た食前酒がわりのウーロン茶

 

 

ちなみに、この日はいつもはサーブされるはずのウエルカムドリンクが出なかった。

 

 

前菜全景(左下の皿にはパンが後で乗せられる)

中華航空108便台北発成田行きビジネスクラスで出た前菜全景

 

 

アペタイザー

中華航空108便台北発成田行きビジネスクラスで出たアペタイザー

 

メニューには、新鮮野菜とスモークサーモンと書かれていたのだが、出てきたのは七面鳥のローストとからすみだった。

 

 

ガーデンサラダ マスタードビネガードレッシング

中華航空108便台北発成田行きビジネスクラスで出たサラダ

 

 

この2?3年だろうか、中華航空では晶華酒店(フォルモサ・リージェント・ホテル)とタイアップした特選機内食というのを用意している。

 

これが結構おいしくて、いつもこれをメインディッシュとしてリクエストするのだが、今回もそうした。

 

出てきたのは、アヒルの醤油煮と揚げ葱ご飯

中華航空108便台北発成田行きビジネスクラスで出たメインディッシュ

 

 

メニューには"塩卵入り中華風蒸しハンバーグ"と書かれていたのだが......。

 

まあ、これはこれでおいしかったのでいいのだが。

 

 

デザート全景

中華航空108便台北発成田行きビジネスクラスで出たデザート全景

 

 

ケーキは、抹茶とチェストナッツのムース

中華航空108便台北発成田行きビジネスクラスで出たケーキ

 

 

季節の新鮮果物

中華航空108便台北発成田行きビジネスクラスで出されたフルーツ

 

 

自分は、台湾以外にタイ(チェンマイ)にも年3?4回行くことがあり、その時にはTG(タイ国際航空)やNH(全日空)のビジネスクラスに乗るのだが、中華航空の機内食は、それらのキャリアの中では抜群にレベルが高いと思う。

 

この時もそうだったのだが、あまりにフライト時間が短くて、ノンビリと食べていられない(キャビンアテンダントも、時には小走りで料理をサーブして回っている。時間がなくてデザートまでたどり着かないこともあった)のが残念なのだが......。

 

 

 

【2011年3月撮影】

 

 

 

中華航空のビジネスクラスは驚くほど安い

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tainan-guide.com/mt_data/mt-tb.cgi/102

コメントする

「行く・帰る」TOP































マカフィー・ストア































一部の文字は繁体字中国語フォント(Big5)がインストールされていないと正しく表示されません
Written in Japanese/Japanese and Chinese(Big5) fonts required to view this site completely