2018年3月30日 19:51

林百貨店(修復後:館内のカフェ)

台南市内中心部、中正路と忠義路2段の交差点の南西角に建つひときわ異彩を放つ茶色の建物が、台湾内部で最初のデパート、林百貨店だ。

この建物が造られたのは昭和7(1932)年。

日本人事業家の林氏が、当時台南でもっとも栄えていた末広町商店街の象徴的商業施設として建設し、台湾内部で初めてエレベーターが設置されたことでも知られている。

自分が初めて台南に来た1990年代後半の頃は、壁の落下を防ぐためであろう全体にネットが張られた荒れ果てた状態だったが、2014年6月に修復を終えてリニューアルオープンした。

外観はこちら
内部の様子はこちら

館内には、お土産物店などのショップのほかにカフェが造られている。

こちらも他のエリアと同様日本統治時代の雰囲気を色濃く残しており、出てくる飲食物も一部は当時のものを再現しているようだ。

一部の座席は畳敷きになっており、これも往時を再現したものだろうか?

値段は一般的な店に比べるとかなり高い気がするが、そのぶん空いているので館内を巡って一休みしたい時には利用価値があると思う。






台南にある日本統治時代に建設されたデパート、林百貨店にあるカフェ(1)

台南にある日本統治時代に建設されたデパート、林百貨店にあるカフェ(2)

台南にある日本統治時代に建設されたデパート、林百貨店にあるカフェ(3)

台南にある日本統治時代に建設されたデパート、林百貨店にあるカフェ(4)

台南にある日本統治時代に建設されたデパート、林百貨店にあるカフェ(5)



【2014年10月撮影】


航空券徹底比較『スカイスキャナー』







2018年1月13日 12:30

林百貨店(修復後:内部)



修復後:概観の様子はこちら



台湾南部で最初のデパート、林百貨店は台南市内中心部、中正路と忠義路2段の交差点の南西角に建つひときわ異彩を放つ茶色の建物だ。

昭和7(1932)年に、日本人事業家の林氏が当時台南でもっとも栄えていた末広町商店街の象徴的商業施設として建設し、台湾内部で初めてエレベーター(フレームだけが館内に展示されている:写真参照)が設置されたことでも知られている。

1988年台湾市政府により「市定古跡」に認定されてはいたものの、自分が初めて台南に来た1990年代後半の頃は壁の落下を防ぐためであろう全体にネットが張られた荒れ果てた状態だった。

が、その後2013年から修復が始まり、2014年6月にリニューアルオープンした。

内部もそれに合わせて白い壁に木製の窓枠、重厚な感じの床材、高い天井からぶら下がる照明と、どこを見ても建設当時の昭和の香りがたっぷり感じられる雰囲気がよみがえっている。

もちろん自分はこの建物ができた昭和7年にはこの世にはいなかったが、日本人なら誰もがこの建物に入るとなぜか遺伝子が震えるような、懐かしい気持ちにとらわれることだろう。

なお、館内の一部はお土産物売場になっているので、単に見学だけでなくショッピングスポットとしても利用できる。






台南にある日本統治時代に建設されたデパート、林百貨店の内部(1)

台南にある日本統治時代に建設されたデパート、林百貨店の内部(2)



エレベーターの扉
台南にある日本統治時代に建設されたデパート、林百貨店の内部(3)



台南にある日本統治時代に建設されたデパート、林百貨店の内部(4)

台南にある日本統治時代に建設されたデパート、林百貨店の内部(5)

台南にある日本統治時代に建設されたデパート、林百貨店の内部(6)

台南にある日本統治時代に建設されたデパート、林百貨店の内部(7)

台南にある日本統治時代に建設されたデパート、林百貨店の内部(8)



【2014年10月撮影】


世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】







2017年10月 6日 15:54

林百貨店(修復後:外観)

台南市内中心部、中正路と忠義路2段の交差点の南西角に建つひときわ異彩を放つ茶色の建物が、台湾内部で最初のデパート、林百貨店だ。

この建物が造られたのは昭和7(1932)年。

日本人事業家の林氏が、当時台南でもっとも栄えていた末広町商店街の象徴的商業施設として建設し、台湾内部で初めてエレベーターが設置されたことでも知られている。

自分が初めて台南に来た1990年代後半の頃は、壁の落下を防ぐためであろう全体にネットが張られた荒れ果てた状態だったが、2014年6月に修復を終えてリニューアルオープンした。

建物の前に掲出されている案内ボードには


======


「ハヤシ百貨店」は昭和7年(1932年)12月5日に開業された。
「台南の銀座」と呼ばれる「末広町2丁目」に位置しており、当時の台南市では屈指の商業エリアだった。
このエリアは台湾にとって近代化社会へまい進する重要な象徴となる。
建物は鉄筋コンクリート構造であり、別名「五層樓仔(5階建てビル)」とも呼ばれた。
そのモダンな空間計画や最先端の工法、材料、さらにエレベーターを擁する百貨店の第一店となり、当時台北にあった「菊元百貨店」と肩を並べた。
1988年台湾市政府により「市定古跡」に認定され、並びに2006年徐裕健建築師事務所に保存修理や建物の再利用に関する設計監理業務を委託し、常詠造有限公司が施工を担当し、2013年竣工した。
2014年6月14日に経営事業の委託業者である高青時尚株式会社がプロデュースした文化や創意をテーマとした新しいハヤシ百貨店がリニューアルオープンした。

======


と記されている。

現在は、日本人旅行者にとってははずせない観光スポットとなっており、小さな建物ではあるもの、細かく見ていくと現体験としては知らなくてもどこか懐かしい気持ちが胸いっぱいに広がって、いくらでも時間がつぶれる感じだ。

この記事では、まず外観の写真をアップする。






台南にある日本統治時代に建設されたデパート、林百貨店の外観(1)

台南にある日本統治時代に建設されたデパート、林百貨店の外観(2)

台南にある日本統治時代に建設されたデパート、林百貨店の外観(3)

台南にある日本統治時代に建設されたデパート、林百貨店の外観(4)

台南にある日本統治時代に建設されたデパート、林百貨店の外観(5)

台南にある日本統治時代に建設されたデパート、林百貨店の外観(6)

台南にある日本統治時代に建設されたデパート、林百貨店の外観(7)

台南にある日本統治時代に建設されたデパート、林百貨店の外観(8)

台南にある日本統治時代に建設されたデパート、林百貨店の外観(9)



【2014年10月撮影】


【DELSEY】ヨーロッパで大人気!フランス老舗スーツケースメーカー





































中華航空は本社より安いことがあります


































































台湾なら1日590円でつなぎ放題!





















出発前はラウンジでのんびり、台湾につけば荷物が真っ先に出てくる
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】





ホテルの説明が詳細で、写真も豊富な予約サイトです
◆最低価格保証バナー◆他社より1円でも高ければ『差額+5,000円クーポン』進呈!!





発券手数料無料、クレカ利用可、空席あり便のみ表示、海外都市間の航空券も購入できる
Expedia Japan【海外旅行のエクスペディア】海外航空券バナー!!





FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)





スポーツ用品メーカーが旅行用シューズを作るとこうなる
MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ





海外にスマホを持っていくならセキュリティ対策は必須です!!
ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ





管理人が愛用しているオーダーメイドパソコン
エプソンダイレクト株式会社





海外で高評価を受けている台湾企業のパソコン





1台で、世界の330以上のネットワークが使え、160カ国以上で利用が可能!





ストレスフリー♪トコトン便利に使える旅行サイト





日本を代表する書店と言えば





デジカメなどのハードからフォトプリントなどのサービスまで





安心安全に社会へ投資できる、ソーシャル型のクラウドレンディングサービス





即日発送可、往復送料無料、充実の補償





台湾へ1分1円または月3,900円でかけ放題!





Yahoo!Photosやキヤノンイメージゲートウェイの公式パートナーにも選ばれています






一部の文字は繁体字中国語フォント(Big5)がインストールされていないと正しく表示されません
Written in Japanese/Japanese and Chinese(Big5) fonts required to view this site completely