2017年4月 7日 17:40

再發號肉粽

台南市内中心部、民権路二段と公園路との交差点から前者を西に30mほど行った左手、忠義路との交差点からだと170~180m行った右手になる、台湾で発行されているガイドブックには必ずと言っていいほど紹介されている、肉ちまきの超有名店。

看板に「百年肉粽」と書いてあるが、実際には清朝時代の同治11年(西暦1872年)の創業とのことなので、140年以上の歴史がある。

「老店」と名乗っている店は台南にいくつもあるけれど、140年となるとそうそう見れるものではないだろう。

店は外観、内部とも非常に質素で、壊れていて雨漏りがするのか、瓦屋根の上にトタン屋根がかけられている。

経営者の呉家はもともとシンプルな粽を売っていたのだが、その後重さ12両(約450g)になる「八寶肉粽」を売り出したところ大ヒット、それならばとさらに豪華な干し貝、魚のすり身揚げ、干しエビ、栗の実、しいたけ、肉そぼろ、塩ゆで卵の黄身など8種類の具材を入れた「特選八寶肉粽」を出したところこれまたバカ売れとなり、現在まで人気が続いているという。

日本語つきのメニューも置いてあり、写真の通り微妙な翻訳(笑)多いのだが、料理自体にそれほどバリエーションがあるわけでないので、注文する分には困らないだろう。

やはり何と言ってもおすすめは特選八寶肉粽だが、非常にボリューミーで1人ではもてあましてまうと思う。

もち米を使っているので、後でお腹がふくらんでくるのでできることなら2人で行ってこれをひとつオーダーし、合わせてサイドディッシュを注文するといいと思う。

写真に写っているのは、肉燥飯(豚赤身肉の醤油煮かけご飯)と蛤仔湯(ハマグリのスープ)だ

すぐそばには北極殿や旧・台南公会堂、ちょっと歩けば天壇、赤崁楼にも簡単にアクセスできるので、観光の途中に立ち寄るのがおすすめだ。

営業時間は9時から20時30分。






台南市内中心部にある100年以上続くちまきの店、再發號肉粽(1)

台南市内中心部にある100年以上続くちまきの店、再發號肉粽(2)

台南市内中心部にある100年以上続くちまきの店、再發號肉粽(3)

台南市内中心部にある100年以上続くちまきの店、再發號肉粽(4)

台南市内中心部にある100年以上続くちまきの店、再發號肉粽(5)

台南市内中心部にある100年以上続くちまきの店、再發號肉粽(6)

台南市内中心部にある100年以上続くちまきの店、再發號肉粽(7)

台南市内中心部にある100年以上続くちまきの店、再發號肉粽(8)

台南市内中心部にある100年以上続くちまきの店、再發號肉粽(9)

台南市内中心部にある100年以上続くちまきの店、再發號肉粽(10)



【2010年3月撮影】


ある便利な旅行グッズ特集







2014年11月16日 20:00

阿銘牛肉麺

台南市内中心部、西門路二段と民権路二段の交差点近くにある名前の通り牛肉麺がウリの店。

 

店がそれほど広くないこともあって、昼食時には結構客でいっぱいになっていることも多い。


お店の人の愛想はそれほどいいほうでもいので、言葉ができない自分のような客は混んでいる時間帯を外して行ったほうがいいかも。


ちなみに、牛肉麺は「ニュウロウミェン」と言うみたい。




店内風景

台南市内中心部にある牛肉麺の店「阿銘牛肉麺」の店内



少し間があいてしまい、1年半ぶりに訪れたら、店の入口には分厚いビニールのカーテンがかけられ、店内には冷房が効いていた。

以前はエアコンがなくて、汗をダクダクかきながら熱ーい牛肉麺をすすったのだが...



店内に掲げれている品書き
台南市内中心部にある牛肉麺の店「阿銘牛肉麺」の品書き



色々と載ってはいるが、ほぼすべての客が牛肉麺を頼む。

あとは、サイドディッシュとして「小菜」のコーナーに書かれている茹でたモツや煮卵を頼んでいる人も多い。

サイドディッシュは、店に入ってすぐ右のカウンターに無造作に置かれているので、店員に指さしで頼むこともできる。



牛肉麺(小)
台南市内中心部にある牛肉麺の店「阿銘牛肉麺」の牛肉麺(小)



何も言わなければ「小」が出てくる。

牛肉がゴロゴロ入っていて、スープもおいしくてついつい飲み干してしまうので、自分は小で十分満足だ。


 

【2014年10月撮影】











2014年9月13日 18:14

卓家汕頭魚麵

市内中心部、民正路1段にある非常にこじんまりとしているが台湾語のガイドブックなどでは必ず紹介されている小吃。

店は大通りに面しているのだが、間口が1mちょっとくらいしかなく、うっかりしていると通り過ぎてしまうかもしれない。



民正路から見た店舗全景
台南中心部、民生路1段にある卓家汕頭魚麵の正面



普段は、こんな風に通りからは中が見えなくなっていることも多い
台南中心部、民生路1段にある卓家汕頭魚麵の店舗裏の風景



看板には「五十年老店」と書かれていることから、50年以上の歴史があることがわかる。

歩道は、3-4の小さなテーブルが置かれていて、いつ行っても誰かが座っているのだが、店の裏にも食事スペースはあるので、全部埋まっていてもあきらめる必要はない。



小さなガラスショーケースの中には魚で作った材料が収められている
台南中心部、民生路1段にある卓家汕頭魚麵のディスプレイ



上に赤文字で書かれているのを見てもわかる通り、この店はセルフサービスになっており、右側のわずかなスペースで注文をして代金を支払い、食べ物を受け取るようになっている。



ショーケース右手の注文兼受け取りコーナー
台南中心部、民生路1段にある卓家汕頭魚麵の注文兼商品受け取りコーナー



昼食時などには、この前に10人以上の人が並んでおり、お店の人もたいへん忙しくしているため、言葉のできない自分のような外国人が注文しようとしても愛想よくはしてもらえない。

それどころか、面倒くさそうな顔をされる時もある...orz

なので、時間をはずして人がなるべく並んでいない時にあらかじめ注文を紙に書いて渡し、代金も用意して素早く渡すとかしたほうがいいと思う。

メニューは店頭にも店内にも掲げられているので、その点は安心だ。



店は路地との角にあり、斜め横から見るとこんな感じになる
台南中心部、民生路1段にある卓家汕頭魚麵の店舗横側の風景



2枚目の写真の右手を見るとわかるかもしれないが、路地の奥は「開山宮」という廟になっており、路地を入って行った店の裏手は廟の前庭のようになっている。



そこにテントを張って、ここでは食事スペースを提供している
台南中心部、民生路1段にある卓家汕頭魚麵の店舗裏の食事スペース



こちらは、昼食時のど真ん中でもなければまずどこかは空いているので、店の前の歩道の席がいっぱいでも座って食事をすることができる。



店名からもわかる通り、店の一番のお勧めは魚麺なのだが、この店の料理はどれもたいへん量が少ない(魚麺は大・小から選べる)。

なので、自分はいつも2品ほどオーダーすることになる。



必ず食べるのは肉燥飯だ
台南中心部、民生路1段にある卓家汕頭魚麵の肉燥飯



甘じょっぱく煮込まれた肉燥(そぼろ肉煮込み)とご飯の相性が抜群で、いつも一杯では物足りなく感じてしまうのだが、美食天国の台南でひとつの料理でお腹をいっぱいにしてはもったいないので、満腹にしないくらいでちょうどよいのかも。



この時には、魚餃湯を一緒に頼んだ
台南中心部、民生路1段にある卓家汕頭魚麵の魚餃湯



魚餃は、文字通り魚肉の餃子なのだが、皮にも魚肉が入っていて、普通の餃子のような真っ白ではなく少し黒ずんだ色をしているのが特徴だ。

潮州人が多いタイでも結構食べられるので、その中心地汕頭の名を冠しているこの店でも食べられるのは当然なのだろう

小麦粉メインの皮のチモチした食感とは異なり、プリプリッとした歯ごたえが楽しい一品だ。


小人数の家族経営の店のようで、大量に準備できないのか、あまり遅く行くと多くのメニューが品切れになっている。

混んでいる時には近寄りがたく、人が少ないともうその時には売り切れ、という外国人にとっては何とも難しい店だ。



【2011年3月撮影】










海外格安航空券ena 【イーナ】

2011年7月18日 02:51

阿銘牛肉麺

台南市内中心部、西門路二段と民権路二段の交差点近くにある牛肉麺の有名店。

 

店内は結構きたないし、店員のおばちゃんたちも決して愛想がいいほうではないのだが、牛肉麺の味のすばらしさに負けて(?)ついつい立ち寄ってしまう。

 

 

この日は、牛肉麺にサイドディッシュを2種オーダーした

台南市内中心部、西門路二段と民権路二段の交差点近くにある阿銘牛肉麺のとある日の料理全景

 

 

この店の名前にもなっている牛肉麺

台南市内中心部、西門路二段と民権路二段の交差点近くにある阿銘牛肉麺の牛肉麺

 

 

麺はうどん風。スープも見た目はこってりしているが、雑味がなくすっきりとした後味が印象的だ。

 

他の店で食べる牛肉麺とは、明らかに一線を画したできばえだよ。

 

サイドディッシュ2種

台南市内中心部、西門路二段と民権路二段の交差点近くにある阿銘牛肉麺のサイドディッシュ2種

 

 

煮卵とモツをゆでたものにネギを散らしたもの。

 

麺を作るキッチンの脇のちょっと汚いテーブルの上に無造作にいくつか(その日によって料理は異なる)置かれているので、指差しで注文しよう。

 

 

 

【2011年3月撮影】











日本で入金、現地通貨で引き出したりクレジットカードとして使える

2011年7月16日 15:12

矮仔成

台南市内西部、海安路沿い、大勇街と建安路の間にある、1922年創業の蝦仁飯で有名な小吃(食堂)。

 

正式な店は、その料理名をつけて矮仔成蝦仁飯(アイヅーチャンシャーレンファン)と呼ぶようだ。

 

店の名刺には日本語で、「香りが漂う小海老チャーハン。ご飯は昔の大きい釜で炊いてから小海老とネギなどの具を混ぜて炒める」と書かれている。

 

海安路に出ている店の看板

台南市内西部、海安路一段にある1922年創業の小吃(食堂)、矮仔成の看板

 

 

店舗全景

台南市内西部、海安路一段にある1922年創業の小吃(食堂)、矮仔成の店舗全景

 

 

歩道にまでテーブルを並べているが、それでも席数は多くはない。

 

 

店内風景

台南市内西部、海安路一段にある1922年創業の小吃(食堂)、矮仔成の店内風景

 

 

店内は近年改装され、かなりきれいになった。

 

 

メニュー兼注文用紙

台南市内西部、海安路一段にある1922年創業の小吃(食堂)、矮仔成のメニュー兼注文用紙

 

 

これで店にある料理と飲み物はすべて。値段の脇に数を記入して店員さんに渡す。

 

 

とある日の注文した料理全景

台南市内西部、海安路一段にある1922年創業の小吃(食堂)、矮仔成のとある日の料理全景

 

 

この店の名物、蝦仁飯

台南市内西部、海安路一段にある1922年創業の小吃(食堂)、矮仔成の名物料理、蝦仁飯

 

 

あっさりしていて量が少ないので、思わず「おかわり!」と言いたくなってしまう(笑)

 

 

香煎鴨蛋(鴨の卵焼き)

台南市内西部、海安路一段にある1922年創業の小吃(食堂)、矮仔成の香煎鴨蛋

 

 

鴨蛋湯(鴨の卵スープ)。これまたあっさりした上品な味だ

台南市内西部、海安路一段にある1922年創業の小吃(食堂)、矮仔成の鴨蛋湯

 

 

蒜泥白肉(ゆでた豚肉におろしニンニクをまぶしたもの)

台南市内西部、海安路一段にある1922年創業の小吃(食堂)、矮仔成の蒜泥白肉

 

 

どの料理もあっさりしているので、これを加えるとニンニクがちょうどよいアクセントになる。

 

 

住所:台南市海安路一段66號

TEL:06-2201897

営業時間:9:00?19:30

お店のウェブサイトはこちら

 

 

 

【2010年11月撮影】











2010年11月26日 23:57

嘉義火雞肉飯

台南市内西部、海安路一段と保安路の交差点にある小吃(食堂)。

 

名前の通り、嘉義(台南から北に鉄道で1時間ほどのところにある)の街の名物だ。

 

その地にある名店、噴水火雞肉飯には残念ながら及ばないが、それでもちょっとあっさり目の嘉義火雞肉飯は小腹が減った時などにはちょうどよい。

 

店舗外観

台南市内西部にある小吃(食堂)、嘉義火雞肉飯の外観

 

店内風景。メニューの種類は少ない

台南市内西部にある小吃(食堂)、嘉義火雞肉飯の店内

 

火雞肉飯。量は日本の丼物の半分くらい。上のほうに黒く見えるのは奈良漬だ

台南市内西部にある小吃(食堂)、嘉義火雞肉飯の火雞肉飯

 

香菇肉[火庚](ニンニク風味の肉のとろみスープ)

台南市内西部にある小吃(食堂)、嘉義火雞肉飯の香菇肉[火庚]

 

冬瓜湯(冬瓜の澄ましスープ)

台南市内西部にある小吃(食堂)、嘉義火雞肉飯の苦瓜湯

 

【2010年11月撮影】











台南のデコボコの歩道を歩いてもぜんぜん苦にならない!

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
「食べる」TOP






























台南は亜熱帯。あなたが考えているよりずっと暑いです































1台で世界の330以上のネットワークが使え、160カ国以上で利用が可能!>































東京在住なら店に行ったことがある人も多い






台湾にタブレット持って行くなら台湾の会社のものを






短時間だからこそ、快適に移動したい






高温多湿の台南では、熱中症対策を怠りなく!






これひとつでWindows搭載PC、Mac、スマホ、タブレット対応

カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティ





スーツケースから旅行用小物、携帯食品まで

スーツケース・旅行用品のトラベラーストア





台湾のお土産、100種類以上から選んで自宅にお届け!






日差しの強い台南ではサングラスは必需品です!

日本最大級のメガネ・サングラス通販Oh My Glasses(オーマイグラスィズ)





管理人が海外旅行で持ち歩いているウルトラノートブック

東芝ダイレクト





出発3日前まで予約可能、片道切符も買える






複数卸売元からの料金を比較できる形で提示してくれる






1988年創業の格安航空券販売の老舗






ショッピングでもマイルを溜めて、台湾行きチケットをゲットしよう!






スーツケースからデジカメまで豊富な品揃え






送金手数料は750円!業界最低水準






地方発の航空券も多数取り扱い






国宝級の仏像をインテリアとして楽しむ






ヤフーやエキサイトにも情報提供している投資顧問







一部の文字は繁体字中国語フォント(Big5)がインストールされていないと正しく表示されません
Written in Japanese/Japanese and Chinese(Big5) fonts required to view this site completely