2017/08/01

林家魚皮

台南市内南西部、海南路1段と保安路との交差点から後者を20~30m西に行った右側にある、その名の通りサバヒー(虱目魚)料理の人気店。

濃い赤色地に隷書体風の文字で店名が書かれた看板が目印で、店先に小さな調理場が出ている。

店内は狭くてテーブルが5つくらいしかなく、しかもそのうちのひとつには調理する前の素材などが置かれていることが多いが、今までこの店に行って座れなかった、ということはない。

調理場の前にはだいたい立っている人がいるが、これはお持ち帰りの客で、見ていると店内で食べるよりもお持ち帰りの客のほうが多いのではないかと思うくらいだ。

名前の通り、サバヒー(虱目魚)の皮を使った料理がメインで、ただのスープ(魚皮湯)とお粥(魚皮粥)があるが個人的には後者がおすすめ。

魚皮といっても実際には皮だけではなく身も多少ついているが、スープだけだとちょっとさびしいので、お米の入ったお粥を朝食代わりに食べることが多い。

しょうがのたっぷり入ったお粥はさっぱりとした感じで、サバヒー(虱目魚)のだしがとてもよく出ている。

また、サバヒー(虱目魚)は「食べるなら平日の朝に限る」と言われるくらい足の速い魚で、下処理がちゃんとできていない店や売れ行きの悪い店ではスープが生臭くなっていることもあるのだが、この店はまったくそういうことがなく非常に澄み切った風味が出ているのも素晴らしいと思う。

これに揚げパン(油條)を一緒に食べるのが自分流なのだが、ここの揚げパン(油條)は細かく刻まれて皿の上に盛り上からタレがかかっているちょっと独特なもので、お粥の上に散らしてもよし、そのまま食べてもよしでこれもなかなかなものだ。

正直言って、店内は少し清潔感に欠けておりその辺に神経質な人にはお勧めしないが、そんなものを補って余りある料理の出来ばえだと思う。






店舗外観
台南にあるサバヒー(虱目魚)の店、林家魚皮の外観



道路に面したキッチン
台南にあるサバヒー(虱目魚)の店、林家魚皮のキッチン



店内風景
台南にあるサバヒー(虱目魚)の店、林家魚皮の店内



魚皮粥
台南にあるサバヒー(虱目魚)の店、林家魚皮の魚皮粥



揚げパン(油條)
台南にあるサバヒー(虱目魚)の店、林家魚皮の揚げパン(油條)



キッチン前で待つお持ち帰りの客
台南にあるサバヒー(虱目魚)の店、林家魚皮の店頭でお持ち帰りを待つ人々



【2014年10月撮影】


旅先のプロが旅行をサポート【旅工房】







トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tainan-guide.com/mt_data/mt-tb.cgi/196

コメントする

「食べる」TOP






























台南は亜熱帯。あなたが考えているよりずっと暑いです































1台で世界の330以上のネットワークが使え、160カ国以上で利用が可能!>































東京在住なら店に行ったことがある人も多い






台湾にタブレット持って行くなら台湾の会社のものを






短時間だからこそ、快適に移動したい






高温多湿の台南では、熱中症対策を怠りなく!






これひとつでWindows搭載PC、Mac、スマホ、タブレット対応

カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティ





スーツケースから旅行用小物、携帯食品まで

スーツケース・旅行用品のトラベラーストア





台湾のお土産、100種類以上から選んで自宅にお届け!






日差しの強い台南ではサングラスは必需品です!

日本最大級のメガネ・サングラス通販Oh My Glasses(オーマイグラスィズ)





管理人が海外旅行で持ち歩いているウルトラノートブック

東芝ダイレクト





出発3日前まで予約可能、片道切符も買える






複数卸売元からの料金を比較できる形で提示してくれる






1988年創業の格安航空券販売の老舗






ショッピングでもマイルを溜めて、台湾行きチケットをゲットしよう!






スーツケースからデジカメまで豊富な品揃え






送金手数料は750円!業界最低水準






地方発の航空券も多数取り扱い






国宝級の仏像をインテリアとして楽しむ






ヤフーやエキサイトにも情報提供している投資顧問







一部の文字は繁体字中国語フォント(Big5)がインストールされていないと正しく表示されません
Written in Japanese/Japanese and Chinese(Big5) fonts required to view this site completely